テニス壁打ちWiki

テニスコミュニティWikiサイト。テニス壁打ちスポットと、硬式テニス初心者向けのテニス用品の選び方、練習方法、質問・相談・雑談など。

ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

はじめての方へ

テニス用品の選び方

テニス基礎知識

壁打ち練習方法

テニスコミュニティ

壁打ちスポット

最近の更新

  • 奈良県 以前のリビジョンを復元 (2018/09/04 09:50:48) — admin 2018/11/05 07:11:16

新着投稿(コミュニティ)

新着コメント(テニスコミュニティ)

新着コメント(壁打ちスポット)

knowledge:surface

サーフェスについて

テニスコート表面の材質のことを「サーフェス」と呼びます。

サーフェスの種類は、「ハードコート」、「クレーコートアンツーカーコート)」、「砂入り人工芝コートオムニコート)」、「カーペットコート」、「グラスコート」などがあります。

各サーフェスの特徴

各サーフェスの特徴は、おおよそ以下のようになります。

項目 ハード クレー オムニ カーペット グラス
球速 速い 遅い 遅い 速い 非常に速い
バウンド 非常に高い 高い 低い 低い 低い
足への負担 大きい 少ない 普通 普通 少ない

ハードコート

セメントやアスファルトの上に、化学樹脂がコーティングされているコートです。維持管理に手間がかからないため、世界中で最も普及しています。
ボールのバウンドが高く弾みやすく、バウンド後の球速も速くなります。アスファルトのように固いので、足への負担も大きいです。

グランドスラム(テニス4大大会)では、「全豪オープン」、「全米オープン」で使用されています。

クレーコート(アンツーカーコート)

土でできたコートです。中でもレンガを砕いて作った粉が使われたコートを、アンツーカーコートと呼びます。
ボールのバウンドは弾みやすく、球速は遅くなります。土なので、踏み込みで足がスライドしやすいですが、柔らかいので、足への負担は少ないです。また、土に足跡などが残るので、ボールのバウンドがイレギュラーしやすいです。

グランドスラム(テニス4大大会)では、「全仏オープン」でアンツーカーコートが使用されています。

砂入り人工芝コート(オムニコート)

人工芝の上に、細かい砂が撒かれたコートです。雨が降ってもすぐに乾くため、雨の多い日本で広く普及しています。
ボールのバウンドはやや低く、球速もあまり速くありません。足への負担は、ハードコートよりも低く、クレーコートよりも高いといったところです。

カーペットコート

絨毯のような素材を敷き詰めたコートです。主に屋内のコートで使われています。
カーペットでボールが反発しにくく滑るため、ボールのバウンドは低く、球速は速くなります。足への負担は、オムニコートと同様ですが、ソールがカーペットに引っかかってしまうことがあるので、注意が必要です。

グラスコート

天然芝のコートです。芝の維持管理に手間がかかるため、日本で採用しているところはほとんどありません。
芝でボールが滑るため、ボールのバウンドは低く、球速はとても速くなります。足への負担は少ないですが、芝が荒れたところで足を取られることもあるので、注意が必要です。また、ボールのバウンドがイレギュラーしやすいです。

グランドスラム(テニス4大大会)では、「ウィンブルドン選手権(全英オープン)」で使用されています。

関連ページ

knowledge/surface.txt · 最終更新: 2018/09/04 09:42:33 by admin